なまけものーと。

なまけもので、ダメダメな私が生きていくために、つらつらと綴るブログです

ドラマの感想。99.9%、隣の家族は青く見える、リピート


少し前から今まさに観ているものまで、
面白かったドラマの感想。


結構前になりますが、

民衆の敵、観てました。

大コケと酷評されていましたね。

軽いです。本当に作り話だろ!というくらいのノリです。
でも、政治への興味とか、何かを純粋に求める姿とか、
わかりやすくて素直なくらい単純ではありますが、
おもしろく感じました。

前クールで見てたのは、奥様は取り扱い注意!
(玉鷲さんも観てたんですって!)とこの民衆の敵くらい。


個人的に政治に興味が元々あったからというのもあるかもしれませんが、
ただはじめは高橋一生さんが出るというので録画しました。
こっちメイン(^_^;)


でまぁ、11月はいろいろありましたので、観れず、
ためていたものをに年末に一気観しました。

特にこれ!というポイントは無いと思いますが、
高橋一生さんがどこでもナチュラだなと思ったのと、
石田ゆり子さんやら古田新太さんやら余公子さんやら、
脇を固める方が豪華だったのと、分かりやすいエンターテイメントに
徹していた脚本が、わりと気に入りました。



特に録画で観るのが基本の私としては、マイルールとして、
1~3話目がその先観るかを判断する材料にしていて、
録りためてあとでまとめて観ることもしばしば。


そんなときに、これはコケたとかひどい等とネットの記事などを見ると、
観るのに少なからずの先入観を抱いてしまいます…。
けれど、そんな中でも観つづけたので、これ結構好き!
なドラマの部類なんだと思います。

ネットの評価なんて当てになりませんね。
自分の直感で良いなとこれは思いました。


純粋な政治へ求める気持ちを描くってなかなか、
今までなかったような…?気がします。その意味でも面白かった。

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~DVD-BOX

民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~DVD-BOX



私の、本道は、
海外ドラマなので日本のドラマをあまり観ないのですが、
最近はどこかひっかかるものを求めて、
何となく新番組が始まる頃には録画をしています。

そして、今クールは
99.9%のシーズン2、
隣の家族は青く見える、
リピート、
アンナチュラル、
anone、

などいつもより多めに録りためています。

海外ドラマの録りためや、相撲の録画(保存用)もあったりで、
HDDはパンパンなのですが、なかなか消費しきれていません(T_T)


以下↓結構前に下書きしたので、もはや話が進みすぎていて、
もうすぐみんな最終回間近…ということで、ちょっとだけ書き直しましたが、
それでもわたしの録画の貯蓄はたんまり残っています。。

99.9%

は、シーズン1を観てとても楽しかったので、多分最後まで観ます。
キャストの豪華さはさることながら、ちょいちょい小ネタをはさんでくるので、
油断できません。
www.tbs.co.jp


プロレスラーの方や、漫画家さんなどちょいちょい有名な方が出てくるので、
隅々まで楽しめます。
そして何より、みんな好きです。出てくる人、キャラクターがみんな好きです。
一番は、香川照之さんのキャラクターが可愛らしくて良い!!
アジアンの馬場園さんもナチュラルで素敵です◎


2話目では、わりと早い段階で深山さんの過去があばかれてしまい、
シーズン1から引っ張ってきたのにな…と心配にもなりましたが、
いやこれは、伏線かもね。。なんて想像もしています。

そして、検察官の置かれている状況がちらりと映りました。
裁判官は出された証拠に基づいて判断するけれど、そこに出される証拠が真実とも
あるいはすべてとも限らないということが描かれていて、
その提出にさえ駆け引きなどもあるという感じがしました。


3話目では、裁判官の苦悩も現在置かれている司法官僚制の形や、
左遷や、見えない圧力も見え、今の司法制度やその問題点
もちらりと映る感じ、おもしろいです。


さらにさらに、欠かせないのは、深山さんのギャグとご飯を食べるときの口癖。
『いただきマングース』が基本ですが(シーズン1より)、
今シーズンはさらに進化を遂げていました(*^。^*)

『いただきマツコ・デラックス』、『いただきマゼラン海峡
さらに『いただきますだおかだ
というのを聞きました。まだありそうでそこも楽しみです。

今のところは、マゼラン海峡!が好きです。

99.9-刑事専門弁護士- DVD-BOX

99.9-刑事専門弁護士- DVD-BOX



隣の家族は青く見える

はなんだか緩いながらも芯を食いそうなドラマでちょっと期待しています。
www.fujitv.co.jp

いろいろあっていいいろんな人がいていい
そんな雰囲気漂うドラマです。
結婚するもしないも、子供産むも産まないも、
不妊治療するかしないかも、LGBTであるかそうでないかも、、、

いろんな人がいて、いろんな生き方があって、いろいろ抱えてて、
それでもみんな良いんだっていう肯定から作られている気がします。
だから温かい。

松山ケンイチさんが本当に素敵です。


イメージは日テレなんですが、フジなんですよね(なんだそれ)。

それに、流れる空気は軽いんですけど、何気に心にぐさぐさ来ます…。
不妊治療で悩む深キョンと松山さん夫婦に気づいた高畑淳子さんの表情
思わず涙がでました。


何でも今だから、ぐさぐさ刺さって、ウルウルしてしまう可能性は否定できませんが(^_^;)
なんか良さそうな感じです。

隣の家族は青く見える(上) (扶桑社文庫)

隣の家族は青く見える(上) (扶桑社文庫)



リピート

は、SFチックでわりとありそうな話なのに、
なぜか引き込まれたので、最後まで観そうです。
www.ytv.co.jp

脇役にはもったいない!という方ばかりで、安心して観ていられる感じです。

すっごく怖い!わけでも、嫌な引っ掛かりがいっぱい!な感じでも
個人的には無いんですが、なんだか安定感があるので、それぞれの役者さんの演技に引き込まれます。

はじめは、ゴリさんの演技にぷぷっとなっていましたが、だんだん馴染んできました(^_^)

第6話

第6話

リピート (文春文庫)

リピート (文春文庫)