なまけものーと。

なまけもので、ダメダメな私が生きていくために、つらつらと綴るブログです

もうすぐ郵便が変わります

ご存知でしたか。

もうすぐ、郵便料金が変わること。

 

『聞いてないよ~!』とダチョウ倶楽部よろしく言ったわたしですが、
これって、常識だったのでしょうか。周知の事実?


知らなかったのはわたしだけ??

そういえば、テレビのニュースなんかで、はがきの料金が変わります。
というのはやっていた気がするんですが、値上げするの?!何で?

でも、葉書はあんまり使わないから関係ないや。と思った記憶はあります。


ところがどっこい、関係ありました!
はがきのみならず、郵便料金がかなり大幅に変わるんだそうです。

詳しくはこちら↓

www.post.japanpost.jp

これ知ったの、最近です。。。
近所の郵便局員の方に渡された一枚のコピーによって。
『また見といてください』と軽い感じだったので、
「はーい」と軽く受け取ったのですが、家へ帰ってビックリ!!

こんなに値上げするのか・・・としばらく理解ができませんでした。

 

 

定形外郵便のほとんどが値上げされます。

そして、なんだか知らないですが、定形外の中でも区分ができるそうです。

規格内か規格外かという分類で、

長辺34cm以内、短辺25cm以内、厚さ3㎝以内 及び 重量1kg以内


現行のものが、縦(長辺)横高さの合計で90cm以内というものと

長辺が60cmまでという規定はありましたが、

それより大きいものは定形外で送ることもあまりないと思うので、

ほとんどが楽にあまり考えずに送れていた気がします。

 

重さも定形郵便が50gまでなので、大きさが封筒サイズでも重ければ、

定形外を利用するという形で、私自身も使ってきました。

最大重量は4kgまでなので、遠方に宅配便を送るよりは安いこともありますよね。

 

しかし、これが6月から変更になり、細分化されて、分厚いものは割高になります。

規格内(つまり分厚くないもの)は据え置きの料金かごくごく一部のみ値下げとなるようです。

 

でも、厚みが3cm以内なら、定形外を使う意味は…。

ないんですよね。なぜって、そこはクリックポストを使えば良いから。

 

少し前ですが、民間向けには廃止された、クロネコメール便がお安くて
配送に時間はかかっても、追跡できました。

それがなくなり、代わりとなったのが、郵便局のクリックポストです。


クロネコメール便が1cmと2cmと分かれていて値段も違いましたが、
このクリックポストは3cmまででその活用の幅が広がりました。

 

変更される定形外の規格内にあたる大きさは、全くクリックポストで送れる

荷物の大きさと同じだからです。

こちらは164円。一律です。

 

 

その他の使えそうな配送方法

その他をついでに見ていくと、お安くて使いやすいものは、

クロネコヤマトでは、最近出たネコポス(こちら厚さ2.5cmまで可)や

専用の封筒や箱を使う宅急便コンパクト(専用の箱に入れば分厚いものも可)、

そしてもっと大きいものならばはこBOON(ヤフーなどの共同運営、運ぶのはヤマト)があります。

 

また郵便局でいうと、これがメール便が廃止された一端となったとされる、

親書も送れるスマートレター(厚さは2cmまでA5サイズの専用封筒使用)や、
大きさに規定はあるもののほとんどが使えていた変更前の定形外郵便
そして速達扱いのレターパックライトレターパックプラスがあります。

 

もちろん、ゆうパック他の宅配便はありますが、
どれも気軽に使うというよりも、カサのあるものや、
重たいもの、また郵便事故への補償がほしいときなどに使用する
というものだと思います。少なくとも個人的にはそうです。

 

 

定形外以外は使えない?!

f:id:namakemonote:20170509215445j:plain

 

いろんな方法があるので、サイズや用途、好みなどにも応じて使えそう!

 

 と思いがちですが、クロネコネコポスは使えるサイトが限られています。
つまり、提携したサイト(サービス)を利用しない限りは使えません。

個人利用はできず、事業主として契約する必要があります。
そのため、お友達に送ったりなどということは基本的にはできません


宅急便コンパクト個人利用可能ですが、上記の提携サイト
ヤフオクやメルカリなど)とは値段が違ってきます。
メルカリは確か一律料金ですが、個人利用は距離でも値段が変わります。

また、個人利用でなくとも、この提携サイトによって、この送料が違うんですよね。

ややこしい・・・。


ヤフオクは距離別料金だったと思います。

そして、集荷(プラス料金)かファミリーマートなどの一部コンビニでしか

発送ができません。
発送自体はとても早く、ほぼ翌日配送なのでメリットは大きいと思います。

ただ、専用ボックス(これは一律料金)を買う必要があります。
これに入らないものは、他のサービスを探す必要があります。

 


これは、郵便局のレターパックに似ていますね。
レターパックは2種類ありますが、プラスの方は厚みに制限がなく、
封筒にさえ入れば送れます。
レターパックの封筒が切手代わりですので、宅急便コンパクトのように

別途アプリやクレジットなどで送料を払う必要はありません。

ただ、360円(こちらは厚さ3cm以内)と510円ですので、軽いものだったら、

その値段で少し躊躇してしまいます。

 

だからこそ、やはり一番簡易で、使いやすいのは定形外郵便

ではないかなと思います。

上記のような厚みでアウトになったものも送れますし、
配送日数はかかってもお安く送れ、郵便事故の補償はありませんが、
全国どこの郵便局からも送れ、また重さが事前に分かれば切手を貼って
ポスト投函も可能という手軽さです。

 

 

 

値上げで使いにくくなりそうです・・・。

それが今回の値上げによって、かなり使いにくくなりそうです。
厚みのあるものは、あえて定形外で送っているのに、

わざわざ値段を変えられる悲しさ・・・。これじゃ意味ないですよね。

他のサービスへ利用者が流れると思います。

 

事前登録とプリンタなどでの印刷、前払いが必要ですが、

厚み3cmまでならクリックポストで十分。164円ですし。
わざわざ定形外を使わないですよ。

 

値段によれば、宅急便コンパクトなどの方が安いかもしれませんし、

変更後は重さは規格内のものは1kg越えでアウトです。

つまり、厚み3cm以内の荷物でクリックポストなどが1kg超えで使えないときに、

定形外を使うことはできないということになります。

残念なことに、これはゆうメールも同じ規格。

lnews.jp

規格内のものしか送れないので、オークションやせどりなどで特に本やCDを

送っていた方にとってはとても厳しくなりそうです。

 

また、定形外の規格外はこれは以前と同じように4kgまでなら1kgを超えたもの

も送れますが、2kg以内でも1020円もします。

これなら近郊はもちろん、少し離れたところでも宅配便を使った方が安そうです。

 

 

 

大変なのは分かるけど・・・

クロネコヤマトが配達がとても大変だということで、値上げをしたり、

再配達の受付時間が変わったり、残業手当の未払いなど話題になっていますし、
佐川でも年末の配達量オーバーで遅延があったりと、この業界の大変さは

ひしひしと感じていますが、


でもやはり、なぜ今値上げなのかなという疑問がぬぐえません。

だって早々値上げしなかった郵便局ですよ?!


消費税が変わった。けれどしなかった。
でもう一度変わった。それでやっと値上げした。
そういう料金だったはずなのに、消費税も上がってないのに、
なぜ今・・・・・・・・。

 

そして、この大幅な変更と値上げ、どれほど周知のことなのかな
と思ってやみません。


少なくともオークションをしていたり、フリマアプリをしていたり、
宅配便で送るほどでもないものを気軽に送っていたり、

する利用者は結構いると思うんですよね。


なのでもう一度言います。

その料金、6月に変わります。

 

私の場合は、かなり微々たるものですが、オークションやフリマなどで

料金アップになりそうなものは今月中に売り切ったほうが良さそう・・・。

これまたしんどそうだ…できるかな。。。
しっかり把握し、ちょっと覚悟しておかねばなと思います。


ちなみに、はがきの料金は変わりますが、なぜだか
(多分こちらを絶やしてはならないという気概でしょうか)
年賀はがきの値段は据え置きです。

ただし、期間内に送らなければいけないようです。混乱しそうです。。

 

 

以上。お知らせも兼ねての不満を書いてみました。

 

 

おまけ。

ファミマやヤマトの営業所に行かずとも、

Amazonでは、宅急便コンパクトの専用BOXが買えます。

たくさん使う人にはお勧めです。