なまけものーと。

なまけもので、ダメダメな私が生きていくために、つらつらと綴るブログです

今までのダニ対策間違ってた?!(世界一受けたい授業)

土曜日のテレビ、『世界一受けたい授業』でダニについて取り上げられていました。

なまけもののわたしも、乾燥機をかけたり(気が向いたときに、、とてもまれに)、

もらった商品券で前に購入したレイコップを使ったり(こちらもかなりまれに)、しています。

 

いや、しなければならないのですが、なかなかそんな体力も気力もなく、
ご無沙汰になっていましたが、今回のテレビを見てまた恐ろしくなりました。

なので、ほかの所で得た情報も合わせて、備忘録をかね情報まとめをゆるーく。

 

ダニってあんなとこにも。。。こんなとこにも・・・

今はまだ・・・という感じですが、これからどんどん暖かくなりますし、
いや~なジメジメの時期もすぐやってきてしまいます。

そんなときなので、やはりダニが気になります。
何でも、今対策を講じておかないと、ものすごい勢いで繁殖し、
アレルゲンがあっという間に大増殖してしまうようです。。。

 

布製のものには確実にいるらしく、中でも布団にはたくさんいるそうで、

特に頭の周りが多いらしいです・・・。
こういう話を聞くと、つくづく、人間の目って良くできているなと、
こんなものが見えた日にゃ、きっと生きてゆかれません・・・・私。


ダニ退治!といえば、天日干し、掃除機がけ、通気換気、洗濯が一般的かと思いますが、
どうも、それらはあまり効果がないものもあるようで・・・。

 

天日干しって効果ないの!?

f:id:namakemonote:20170508045410j:plain

天気の良い日も多くなってきて(まだまだ春の気候は不安定ですが)、
天日干しをすると気持ちもさっぱりしますし、何よりお日さまの匂いがついて気持ち良いですよね。
花粉、黄砂、PM2.5などいろいろ飛んでいて、なかなか外に干せないですが、
私もあの匂いはけっこう好きです。


でも、その天日干しは、ダニにとっては『あつっ!』と感じるものの(たぶん言ってるはず)、
日差しの届かないところへ逃げ込んでしまい、奥へ奥へと入って行くだけで、
退治とまではいかないようです。

表面温度は高くなっていても中はそうでもないそうで、、
ただ隠れただけという感じ。ざんねん。。

 

掃除機がけの盲点!

また、掃除機も明るい部屋で換気をしながら、一気にかけるのがほとんどだと思いますが、
こちらも、吸い取られるのは死んでいるダニとフン一部のようで・・・。
こちらも中に入り込んだり、しがみついて離れないなんてこともかなりあるようで・・・。
キレイには取れていないとのこと。。またしても残念。。


通気や換気をしても、ダニってものすごい生命力で、

換気をしたぐらいではどうにもならないらしく、、
極端な話、凍えるくらいのところでも、死んだように見せかけて(仮死状態)、
実は温度を戻すと生き返るという・・・非常にしぶとい生物。
さらに、ダニは湿気が好物ですが、とっても乾燥したところにいても同じく、

仮死状態となり動きが止まるものの、また湿度が戻ると、

一気に復活してしまうんですって・・・・あぁ恐ろしい。。。

 

洗濯でも死なないって…うそ。。。

そして、そんな最強の生命力をもつダニさんは、洗濯機にかけて水浸そうが、死にません・・・・。
一部は洗濯機などに入れられると『わーっ』と言うか言わずか知りませんが、
水流によってはがれていくようです。
それは、たぶんもう屍骸であるか、もうそろそろという運命のもののみ。

フンは一様取れるようです。
けれど、生き残るものが入れば、フンが取れてもまた同じ。。。
前にためしてガッテン!でも実験していましたが、思いのほか効果的ではありませんでした。

 

長くなってしまったので、効果的な対策法は次↓にまとめています。

 namakemonote.hatenablog.com

 

アフィリエイトはじめてみました!